シーズン: 第1週

VS 近鉄ライナーズ

2018.10.06

2018ジャパントップチャレンジリーグ2stステージA
2018
長崎市かきどまり競技場(長崎)
T G PG DG DG PG G T
0 0 0 0 0 前半 33 0 0 4 5
0 0 0 0 0 後半 24 0 0 2 4
0 0 0 0 0 合計 57 0 0 6 9

登録選手・リザーブ選手

個人得点

選手名 ポジション T G PG DG

スターティングメンバー

選手名 ポジション
金 亨志 PR
前田 篤志 HO
今村 光希 PR
中尾 光男 LO
ジェイコブ エリソン PR
平野 和飛人 FL
平井 伸幸 FL
藤原 慎介 LO
大政 亮 SH
タマティ エリソン PR
坂本 英人 WTB
井出 三四郎 CTB
水野 拓人 CTB
ベン ポルトリッジ WTB
杉森 健太郎 WTB

リザーブメンバー

選手名 ポジション
徳山 孝志 PR
栗原 良多 HO
出渕 賢史 PR
中村 謙吾 LO
諏訪 弘樹 LO
本村 旨崇 SH
中島 拓也 CTB
山谷 大樹 WTB

交代・入れ替え

前半40分 タマティ → 本村
後半12分 前田 → 栗原
後半16分 坂本 → 山谷
後半21分 平野 → 中村
後半21分 水野 → 中島
後半30分 金 → 徳山
後半30分 今村 → 出渕
後半30分 平井 → 諏訪

レポート

トップチャレンジリーグ1stステージ4位となったクリタウォータガッシュ。トップリーグ入替戦への挑戦権を獲得することができた。これからのトップチャレンジリーグ2ndステージAグループの順位により、トップリーグ下位順に入替戦への挑戦が可能となる。ひとつでも勝ち星を重ねることが大切である。
(トップチャレンジ2ndステージ1~4位 VS トップリーグ16~13位と入替戦)
この大事な2ndステージの初戦の相手は近鉄ライナーズ。1stステージは7-38と完敗した相手。難敵に対してどう立ち向かうか。クリタの成長をみせる一戦。

前半立ち上がりから近鉄ペースで試合が進む。近鉄の強烈なパワーの前にクリタフィフティーンは懸命にタックルをするが、反則を重ねて相手に有利な状況を与えてしまう。そして14分、17分、33分、38分、40分と立て続けに5トライを奪われる。反撃しようとするが、近鉄DFのプレッシャーでなかなか前にでることができずミスをしてしまう。なかなかクリタの思うラグビーをさせてもらうない。

後半も近鉄ペースで終始試合が進む。相手の強烈なコンタクトに後手後手に回るクリタ。最終的に0-57の敗戦となった。1トライも取ることができなかった。

この相手はトップリーグのチームではない。トップチャレンジリーグのチーム。これからクリタがトップリーグへ昇格するためには山ほどの壁をこえないと認識させられた。

戻る
vs