League: NTT JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2023-24

VS 清水建設江東ブルーシャークス

2024.02.24.

NTT JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2023-24
2023-24
駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
T G PG DG DG PG G T
1 0 0 0 5 前半 29 0 1 3 4
2 2 0 0 14 後半 12 0 0 1 2
3 2 0 0 19 合計 41 0 1 4 6

登録選手・リザーブ選手

個人得点

ポジション 選手名 T G PG DG
CTB 松島 聡 1 0 0 0
NO.8 テアレキ ベン-ニコラス 1 0 0 0
SO ピアーズ フランシス 0 2 0 0
FL 中村 謙吾 1 0 0 0

登録選手・リザーブ選手

スターティングメンバー

ポジション 選手名
PR 小山 翔也
HO 栗原 良多
PR 栗山 塁
LO 中村 匡汰
LO デーモン レエスアス
FL 石井 洋介
FL 中尾 泰星
No.8 テビタ オト
SH 中村 翔
SO ピアーズ フランシス
WTB 濱副 慧悟
CTB ジェイミー ヴァカラヒ
CTB 松島 聡
WTB ホセア サウマキ
FB 江本 洸志

リザーブメンバー

ポジション 選手名
R 北條 耕太
R 渋谷 圭
R 出渕 賢史
R マイク ウィリアムズ
R 中村 謙吾
R テアレキ ベン-ニコラス
R 杉原 駿
R 杉森 健太郎

交代・入れ替え

交替・入替時間 内容
後半0分 小山 翔也→渋谷 圭
後半6分 中村 泰星→中村 謙吾
後半6分 石井 洋介→テアレキ ベン-ニコラス
後半6分 江本 洸志→杉森 健太郎
後半7分 栗山 塁→出渕 賢史
後半11分 中村 翔→杉原
後半18分 栗原 良多→北條 耕太
後半18分 デーモン レエスアス→マイク ウィリアムズ
後半35分(交替) 濱副 慧悟→中村 翔
後半20分→後半31分(一時交替) テビタ オト→栗山 塁

レポート

 

 

ワイクリフ・パールー ヘッドコーチ

「残念な結果になりました。試合の入りもうまくいかなかったです。ペナルティが多く規律のところで自分たちで首を絞めてしまったのが大きいと思います」

 

──普段よりも選手交代が早かったと思いますが、交代の意図を教えてください。

「ゲームの流れを変えるために交代しました。前半に点差をつけられたのでプランよりも早く交代しました。普段であればラスト15分ごろまで交代しないことがありますが、流れを変える意味では残り30分という時間を与えたかったので判断しました」

 

石井洋介キャプテン

「この2週間はフィジカリティーを掲げて試合に挑みましたが、試合を通じてフィジカルの部分は、うまくいっていましたが、フィジカリティーをやる上でのその精度の部分でペナルティが起き、自分たちで苦しんでいってしまった印象です。点差が開いても取り返すことができなかった試合でした」

 

──前半9分、リードされている場面でラインアウトからショットを狙ったと思いますが、どのような意図がありましたか?

「まず得点を重ねることが大事だと判断して、ショットを選択しました」

 

──ペナルティが多いのは今季の課題かと思いますが、具体的にはどのようなところにフォーカスして取り組む必要があると考えていらっしゃいますか?

「いまは、タックルしたらタックルだけなど、一つのプレーで終わってしまっている選手が多いと感じています。それぞれがそのプレーをつなげていく必要があると思います。基本的なところがまだ徹底してできてないのかなと感じています」

〈リーグワン公式サイトより〉

戻る
vs

VS 中国電力レッドレグリオンズ

2024.02.10.

NTT JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2023-24
2023-24
AGFフィールド
T G PG DG DG PG G T
3 3 1 0 24 前半 17 0 0 1 3
4 2 1 0 27 後半 24 0 1 3 3
7 5 2 0 51 合計 41 0 1 4 6

登録選手・リザーブ選手

個人得点

ポジション 選手名 T G PG DG
WTB ホセア サウマキ 1 0 0 0
SO ピアーズ フランシス 1 5 2 0
LO 中村 匡汰 1 0 0 0
FB 江本 洸志 2 0 0 0
NO.8 テビタ オト 1 0 0 0
CTB 松島 聡 1 0 0 0

スターティングメンバー

ポジション 選手名
PR 小山 翔也
HO 栗原 良多
PR 栗山 塁
LO 中村 匡汰
LO デーモン レエスアス
FL 石井 洋介
FL 中尾 泰星
No.8 テビタ オト
SH 中村 翔
SO ピアーズ フランシス
WTB 濱副 慧悟
CTB ジェイミー ヴァカラヒ
CTB 松島 聡
WTB ホセア サウマキ
FB 江本 洸志

リザーブメンバー

ポジション 選手名
R 金子 隼
R 田草川 恵
R 出渕 賢史
R マイク ウィリアムズ
R 中村 謙吾
R 杉原 駿
R 菅沼 神兵
R 柳田 翔吾

交代・入れ替え

交替・入替時間 内容
後半13分 中村 翔→杉原 駿
後半20分 中村 匡汰→マイク ウィリアムズ
後半26分 栗山 塁→出渕 賢史
後半28分 栗原 良多→金子 隼
後半28分 小山 翔也→田草川 恵
後半29分 石井 洋介→中村 謙吾
後半31分 江本 洸志→柳田 翔吾
後半38分 ジェイミー ヴァカラヒ→菅沼 神兵

レポート

 

大荒れのシーソーゲームに勝利!スコアに表れたWG昭島の強みと課題

クリタウォーターガッシュ昭島(以下、WG昭島)が中国電力レッドレグリオンズとのシーソーゲームを制し、リーグワン初年度から続くAGFフィールドでの連勝記録を7に伸ばした。試合の最終スコアは51対41。両チーム合わせて13トライ、イエローカード3枚、ペナルティの数は22と、大荒れの試合展開となった。

 

WG昭島を勝利に導いたのはピアーズ・フランシスとホセア・サウマキの活躍だろう。ピアーズ・フランシスはイングランド代表の経歴を持つベテラン。ホセア・サウマキはキヤノンイーグルス(現・横浜キヤノンイーグルス)やサンウルブズなどでも活躍したフィジカルモンスター。ここまで不完全燃焼が続いていた新加入の二人が、ようやく本来の姿に戻ってきた。

 

「(ホセア)サウマキの強みであるボールキャリーを生かすために、意識的にスペースがあるところへボールを渡しました。この4試合、アップダウンがあったのですが、二人で一緒にプレーしてきて、だんだんといいコンビネーションができてきたと思います。オフフィールドのところで時間をたくさん使えたのも、いいアシストにつながったと思います」(ピアーズ・フランシス)

 

一方のホセア・サウマキも、「ピアーズ(フランシス)がすごい選手というのは知っているので、どんな小さなコミュニケーションも取っていきたいです。ピアーズの自信が高まれば、チームも上位進出できると思います」。

 

試合の内容について話が及ぶと、二人の共通認識が浮き上がる。「ディフェンスのときの規律意識を高めること。特にブレイクダウンでの状況判断を良くすること」。いずれもワイクリフ・パールー ヘッドコーチ、石井洋介キャプテンともに会見で言及した点でもある。

 

スコアボードに刻まれた得点「51」、合計7トライの数字を見れば、アタックの力があることは間違いない。しかし、相手の得点も「41」。この試合でのペナルティは「16」に上った。

 

WG昭島の課題は明らかだ。ペナルティの数を減らすことができるかどうか。それがWG昭島の上位進出のカギとなる。

 

(匂坂俊之/Rugby Cafe)
〈リーグワン公式サイトより〉

ヘッドコーチやキャプテンのインタビューはこちらから

 

戻る